? 中央大学 真法会研究室 真法会について -共に学ぶ-
真法会について
  
  • 真法会について
  • 共に学ぶ
  • 研究室の様子
  • 実務を知る
  • 真法会の実績
      

共に学ぶ

    
     

合宿

 真法会研究室では、毎年夏期休業中に合宿を行っています。この合宿では、法科大学院修了生、法科大学院在学生、予備試験合格者によるゼミが行われるほか、各自の勉強に集中して打ち込むことのできる環境が用意されています。また、合宿は室員間の繋がりを深める良い機会でもあり、有意義な5日間となります。

       

学習支援

 真法会研究室には、基本書や問題集、判例、法律雑誌といった膨大な書籍や資料があり、日々の学習を研究室の中で行うことができます。また、法職多摩研究室のゼミ受講料、法職基礎答案練習会受講料、TOEIC受験料等の半額援助を行っております。

     

法科大学院ガイダンス(ロースクールガイダンス)

 このガイダンスでは、様々な法科大学院で活躍するOB・OGの先輩方を招き、各法科大学院の説明や進学にあたってのアドバイスをいただくことができます。
 更に、毎年多数の司法試験合格者を輩出している真法会研究室では、その年の合格者によるガイダンス並びに懇親会も開かれます。室員は合格者の生の声を聞き、日々の自己の勉強を見直すと共に、モチベーションを高めることができます。

     

室員間交流

 真法会研究室では学習だけでなく、入室直後から新歓コンパや新歓スポーツ大会、合宿、忘年会、卒業生歓送会など数多くの行事が開催され、先輩・後輩を問わない室員間の交流が盛んに行われています。また、ゼミや新入生歓迎企画(詳細は「実務を知る」をご参照ください)などの行事を通じて一緒に行動する機会が多く設けられているため、同期間での繋がりが特に強く、大学在学中だけでなく生涯の友人が数多く得られます。


 新歓スポーツ大会

進学後の支援

 真法会研究室では、強い「縦と横のつながり」を活かし、法科大学院進学後も法科大学院生同士の情報交換の機会も設けています。そのため、司法試験に向けて、様々な情報を学校の垣根を越えて共有することができます。

ページトップへ