? 中央大学 真法会研究室 真法会について -実務を知る-
真法会について
  
  • 真法会について
  • 共に学ぶ
  • 研究室の様子
  • 実務を知る
  • 真法会の実績
      

実務を知る

 実務を知ることは、自分の中の法曹像を明確化し学習意欲を高めるために必要不可欠です。机に向かうだけでなく、在学中から法律実務に触れることができるのは、多くの先輩法律家との強いつながりのある真法会研究室の特色の1つです。

    
      

見学

 入室して1年以内に、裁判所見学・検察庁見学・弁護士事務所訪問が行われます。現役で活躍するOB・OGから実務に即した貴重な講話を伺い、裁判所・検察庁内を見学します。裁判所見学では同時に裁判を傍聴します。また、弁護士事務所訪問では、少人数での見学が行なわれます。そのため、実務をより深く知ることができます。

     

エクスターンシップ

 長期休暇期間にはOB・OGの法律事務所でエクスターンシップ研修を実施しています。これは実際に、弁護士の指導を受けながら実務を学ぶものです。具体的には、法律問題の調査や依頼人との面談の立会い等を行っております。

     

創立記念式典

 真法会研究室では、毎年9月に創立記念式典を行っております。ここでは現役で活躍するのOB・OGの先輩方と交流することができます。真法会の伝統に触れ、実務家の生の声を聞くことができるなど、室員にとっても自らの将来の具体像を考える良い機会となります。


 創立記念式典の様子

ページトップへ